風籟~Furai~ あきらの好きなもの

H中大先生個人授業♪

9/28(木)
・ビランクス
・コンバットショート
・パンプ60

本店より課長が期末処理&予算作成等について教えてくれるため、本当は火・水に九州に
来るはずだったのが都合により水・木に変わってしまい、木曜日(今日)に定時に無事上がれるか昨日からすっごい不安だったんだけど、意外にも事前に指示を受けて勝手に進めていた
作業たちのおかげでとりあえず無事山を越えることが出来、今日は定時に上がることが
出来た♪♪♪
よかった~、ちょっと前に無理してて(笑)

ビランクス・コンバットはいつものように楽しかった。
(でもコンバットはみんな前列に来てくれなかったから左右がかなり空いててちょっと寂しかった)
今日特筆すべきことはH中大先生のBP60。
内容はというと来週から新曲予定ということで今回はH中コーチが好きということもあり
オールBP57。
で、そのはじめる前に次回からの新曲での動きについていくつか説明があった。
大きく変わったのは2つばかり。

まず1つ目はワイドグリップ(背中)の動き。
今までは広めに握っていたものを、今度からは普段自分が背中のときに握っている手の位置から拳ひとつ分、ずらした場所を握ることになったらしい。
で、その状態から引き上げる動作も今までと違って、今までは肩甲骨と肩甲骨を寄せるように
肘と肘を寄せるようにして引き上げていたものを、今度のワイドグリップのときは
拳ひとつ分広くした状態でそのまま肘を真上に引き上げるようにするらしい。
なので、今までだとおへそより少し上にバーがくる状態だったのが、今度からは胸とみぞおちの間くらいにバーを引き上げるようになるみたい。
今までは背中の真ん中のあたりの筋肉を使っていたものを、今度の動きでは脇のすぐした
辺りの筋肉(ここって何筋っていうんだっけ?)を使うことになるらしい。

2つ目はランジの前のストレッチ。
今までは片膝を立てた状態から身体を前に倒し、体重をかけるというやり方だったのが
今度からは足はそれぞれ90度を保ち、おへそを斜め上に向けるようにして(前に体重をかけない)後ろ足の付け根をいっぱいいっぱいに伸ばすというやり方に変わるらしい。

で、今回説明だけでなく実際に(BP57の曲だけど)ワイドグリップとストレッチをやってみた。
鏡前2列目というかなりいい場所だったのでやりながら鏡でフォームを確認してみるものの、
脇のすぐ下あたりの筋肉を使ってるという感じは確かにするもののなーんか変。
やりなれてないからってのはあるんだろうけど肘が真上に上がってる気がしない。

パンプを終えてもどうにも変な感じがぬぐえなかったので、アタック参加は見送って
H中コーチに居残り個人授業をお願いしてみたところ、快くオッケーを貰い、
なんと贅沢にも1対1の個人授業♪♪♪
ここぞとばかりに色々なフォームをチェックしてもらった♪ ラッキー♪

新しいワイドグリップの動きなんだけど私の場合、右肩が若干前に行こうとする傾向があり、
また左右の肩のもともとの高さ・可動域が異なるため肘を真上に持ち上げたときに
鏡でみるとどうしても左右ばらつきがあるのがはっきりわかった。
これはすぐにどうこう出来るもんじゃないので、違和感が強いようならあえてやらなくても
いいとのこと。

で、ついでに従来のワイドグリップのフォームもチェックして貰ったけど問題ないとのこと。
バーを握る手は軽く添えるような感じで、肩甲骨と肩甲骨を寄せることにより働く力で
バーを持ち上げることを意識するといいらしい。

お次は胸のフォーム。
バーを下ろす位置(胸の一番高いところ)は問題ないとのことだったんだけど、
パンプのレッスンを受けててどうにも効果を感じにくいところだったので、色々と話して
フォームを見て貰ううちにバーを握る位置をもっと広くしていいことが判明。
今私が握ってる位置はイントラさんがよく言われる「女性は拳ひとつ分中」の位置なんだけど、
そこだと私の場合、バーを下ろす位置は正しい位置になっているのに肘が90度(直角)でなく
80度くらいになってたのだ。
個人個人肩幅や体型の違いからバーを持つ位置は異なっていて、下ろしたときに肘が90度に
なる位置を目安に握ったらいいらしい。
(ちなみに私の場合バーの橋から指1~2本分中といったところだった)

最後は腕立て伏せのフォーム。
腕裏にきかせる狭い腕立て伏せはステップ台を使ってやれば利かせれるようになったんだけど
肩幅より広くした通常の腕立て伏せがどうも毎回疲れ方や何かが違っているように
感じられて自分のフォームにものすごい不安だったので見て貰うことに。
ちゃんとした腕立て伏せは腕の力だけでなくお腹に力をいれ、それにより身体を上下させ、
腕というよりも胸を鍛えるようなものになるらしい。
それでやるとあっという間に”ぺしゃん”と落ちて腕立て伏せにならなかった情けない私・・・。
で、H中大先生に相談すると教えてもらったのが以下の方法。
まず、手を肩よりも前につき、手のひらを少し外向きにする。
この状態で膝をつき同じように腕立て伏せをすると、確かにかなり楽だった。
これなら私でも何とか出来そう♪♪♪

その他ちまちまフォームチェックをしてもらい、色々とアドバイスを貰い
非常に有意義な時間を過ごすことが出来ました♪

バーを持った状態でフォームチェックをして貰いたいな~と思っていたのが
こんな形で、しかも大先生に見てもらえて非常に嬉しかった~♪♪♪
[PR]
by ka2yori | 2006-09-28 23:57 | コナミ関連
<< ご飯の誘惑に負けた日(笑) 志方あきこ 1stアルバム 「... >>



出たコナミ(BTSJ)レッスン中心に好きなものについて。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31